働きながら転職活動すべきか迷ってる人へ

結論からいうと働きながら転職活動すべき

在職の方が働きながら転職活動すべきか会社をやめてから転職活動すべきなのかどうか、ということについてお話をしたいと思います。

 

結論から言いますと今の仕事を辞めなくて続けることができるのであれば、並行して転職活動をすることをおすすめします。

 

とうのは、会社をやめてしまってからの転職活動というのは、いろいろな面で不利になることが非常に多いからです。

会社をやめてから転職活動くすることのメリットは何?

唯一のメリットは、転職活動に専念できる

 

ただそれだけなんですね。

 

転職活動に専念したいと考えてまず真っ先に会社をやめてしまった、それですぐに新しい職場が見つかれば別に何も問題ないんですけれども、ただ実際問題としてすぐに決まるという保証はどこにもないわけです。

 

いま企業に転職しようとしても厳しい状況ですし、半年、1年転職先が決まらないとい人もざらにいるわけです。

 

もし残念なことにあなたが そういう状況になってしまったら半年とか1年とかあるいはそれ以上長期のブランクができてしまうと、これは確実に転職市場での評価を下げることになってしまいます。

 

評価が下がれば、ますます転職がしにくくな ってしまうということです。

 

でもおそらく会社を辞めた当初は、貯金もあるでしょうし退職金もあるかもしれませんし失業保険も受けられるかもしれませんので経済的な心配はなかったかもしれないですけど、それも失業が長期化すれば、いつしか経済的にもやっぱり問題が起きてきますし評価が下がって転職がなかなか決まらなくなってくると精神的にも追いこまれてくるわけですね
そうなってくると、もし転職活動しても条件があまり良くない会社からしか採用をしてもらえなかったというとでもほかに選択肢がないわけですから、その条件が良くない会社には就職せざるをえなくなります。

 

すつろ、前の会社に不満があったからその会社を辞めたと思うんですけども長い失業期間を経てキャリアに傷をつけてしまって転職市場における評価を下げてしまって条件の良くない会社に就職せざるを得なくなってしまう。

 

でその会社はもちろん人脈も社歴もゼロから再出発ということなんですね。

 

こういう状況になってしまおうと条件の良くない会社ですから次第にやっぱり不満が生まれてきて、また、次の会社に転職しようという気持ちが入ってきてしまうということです。

 

でもキャリアに傷といいますか、ちょっとネガティブな要素が入ってきてますから、やっぱり次の会社にということもやっぱり難しくなってくるわけですね。

 

そうすると、より条件の悪い厳しい会社に転職ということをくり返してしまって負のスパイラルに陥ってしまう人は少なくないということなんですね。

 

これは、非常に怖い話であり、誇張ではなく事実としてそういう人も確実にいるわけです。

 

でも、その一方今の会社にいろんな問題とか不満があるかもしれないんですけども、そこで踏みとどまって在職のまま転職活動されたとすると、少なくともその間ずっと在職の間は収入が確保されるわけですから経済的にで問題はないですし転職活動が仮に時間がかかったとしても経済的にも精神的にも焦ることなく転職活動を続ける続けることができるということです。

 

それで今の会社よりも条件のいい会社、頑張って働きたいと思えるようないい会社から採用されれば、そのとき初めて転職を実行すればいいわけです。

 

転職活動いろいろやってみたけども、やっぱり結局今よりもいい会社からは、声がかからなかったということであれば、それはそういうものとして割り切るしかないですから今の会社にとどまって仕事を続けられるのが一番いいという結論になるわけですね。

 

いずれにしてもあまり悪い選択肢はならない、ということですね。

 

結局のところ、やっぱり今の時代は安易に会社をやめて転職活動しようとすることは、キャリアに傷を付けてさらには人生設計を狂わせてしまうよいう非常に大きいリスクがありますので、まずは安易に退職という道に走らないで、今の仕事をしながら転職活動するという方法を是非探っていただきたいと思います。